C・ロナウドのPKはボールが浮いている!? 強すぎる踏み込みに注目集まる「マンU時代からやっていた」[映像アリ]

PKを決めたロナウド photo/Getty Images

PSG戦での一撃に注目集まる

レアル・マドリードは14日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンと対戦し、3-1で勝利を収めた。試合は0-1でリードを許していた前半ロスタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて追いつく展開だったのだが、ロナウドの蹴ったPKが話題を呼んでいるのだ。

ロナウドはゴール左隅に強烈なボールを蹴り込んだが、実はロナウドがボールをインパクトする瞬間に少しボールが浮いていたのだ。ロナウドが強い力で左足を踏み込むため、その勢いでボールが少し浮いている。それをロナウドが蹴っているため、PKボレーのようになっている。

しかも英『BT Sport』によると、かつてマンチェスター・ユナイテッドでロナウドとチームメイトだったDFリオ・ファーディナンド氏はマンU時代からロナウドが同じことをしていたと主張しているのだ。同氏は、「彼はトレーニングからあれをしていたよ。故意にやっているのかは分からないけどね」と証言しており、ロナウドは少しボールが浮くPKをマンU時代から続けていたようだ。

英『METRO』は「本当に意図的にやっているのか?」と注目しているが、ロナウドほどの選手ならそこまで考えていても不思議はない。本来ボールが中途半端に浮くと蹴りにくいものだが、しっかりインパクトできれば威力は出やすいだろう。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ