ロッベンよりも速い新たな”右サイドの支配者” 34.4Kmものスピード記録するレフティーが後継者に

右サイドを支配してきたロッベン photo/Getty Images

ブンデスの右サイドを支配するのは……

ここ10年近くブンデスリーガの右サイドを支配していたのはバイエルンFWアリエン・ロッベンだ。その圧倒的なスピードにDFはついていけず、分かっていても止められない状態がずっと続いてきた。しかしロッベンも34歳を迎え、確実にスピードは落ちてくる。右サイドの支配もそろそろ終わりが近づいていると言えよう。

そんな中、ロッベンに代わって右サイドの支配者となろうとしているのがレヴァークーゼンFWレオン・ベイリーだ。ブンデスリーガ公式は「新たな右サイドのキング」になる可能性を秘めていると紹介しており、すっかりロッベンの後継者と呼ばれるようになっている。

ベイリーもロッベン同様にスピードがあり、レフティーだ。右サイドから中にカットインするパターンも持っており、今季はレヴァークーゼン攻撃陣を引っ張っている。何より注目すべきはそのスピードだ。

ロッベンは今季リーグ戦で32.1Kmのトップスピードを記録しているが、ベイリーはそれを上回る34.4Kmを記録している。ジャマイカが産んだスピードスターは今のロッベンよりも速く、スピードだけを見れば後継者と呼ばれるにふさわしい。
すでにベイリーにはプレミアリーグの強豪クラブが関心を示していると言われているが、ロッベンの後継者を求めるならバイエルンも獲得に動くべきだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ