ジャカの怠慢プレイ、チェフのミスにアーセナルサポーター激怒! 「学生のような守備」[映像アリ]

チェフも信じられないミス photo/Getty Images

結果以上に選手たちの姿勢に怒り

30日、アーセナルは残留争いをするスウォンジーに1-3とまさかの敗北を喫してしまった。結果にサポーターが激怒するのは当然なのだが、何より彼らを怒らせたのは選手たちの気持ちの入っていないパフォーマンスだ。

まずサポーターが怒りを爆発させたのはスウォンジーの1点目だ。スウォンジーはDFアルフィー・モーソンがドリブルで持ち上がり、それに合わせてMFサム・クルーカスが斜めに走る動きでゴール前に飛び出そうとした。クルーカスの隣にはアーセナルMFグラニト・ジャカがついていたのだが、ジャカはなぜか走り込むクルーカスを追いかけなかった。

モーソンはあっさりフリーになったクルーカスにパスを通し、クルーカスも冷静に流し込んで得点を記録。英『METRO』によると、サポーターはクルーカスを見ていなかったジャカに厳しい言葉を浴びせている。

「ジャカは何をやっていたんだ?」

「まるで学生のような守備だ」

「最悪の守備」

さらに怒りの炎を燃やしてしまったのがGKペトル・チェフのキックミスだ。味方のバックパスをチェフはしっかりミートすることができず、それをジョルダン・アイェウに押し込まれて逆転を許した。これは強豪クラブのGKとしては許されないミスだ。英『Daily Mirror』によると、サポーターも怒り爆発だ。

「チェフはもう終わった選手」

「今すぐチェフを売却しろ!話にならない」

チェフはワールドクラスのGKとしてチームの柱になることが期待されたのだが、パフォーマンスの質が悪いと批判を受けるばかりだ。自分たちのミスから自滅のような形で敗れたアーセナル。サポーターが怒るのも当然だろう。





参照元:YouTube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ