マンU、モウリーニョが信頼を寄せるマタと契約延長「非常に重要な存在」

マンUの中心選手として活躍するマタ photo/Getty Images

オプション行使で2019年6月まで延長

マンチェスター・ユナイテッドは30日、契約延長オプションを行使し、スペイン代表MFフアン・マタとの契約を2019年6月まで延長することで合意に至ったと発表した。

現在29歳のマタは、2014年1月にチェルシーからマンUへ移籍し、加入直後からチームの主力として活躍。チェルシー時代も共に過ごしたジョゼ・モウリーニョ監督が2016年夏に同クラブの指揮官に就任すると、シーズン前は不仲説なども報じられたが、プレミアリーグ開幕戦でスタメンを飾り、貴重な先制点をゲットした。そして2016-17シーズンもチームの中心選手として公式戦42試合に出場(10ゴール6アシスト)し、ヨーロッパリーグ制覇などに貢献。今季もここまで公式戦26試合に出場しており、3ゴール4アシストを記録している。

そんなマタはクラブの公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じると、「僕は非常に満足しているし、このクラブの一部であることをとても誇りに思っているんだ。監督やチームメイトと一緒に居られることも幸せだよ」とコメント。今回の契約延長を知ったモウリーニョ監督も「マタは非常に重要な存在。私にとっても、クラブにとっても、他の選手にとってもだ」と述べている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ