2006年からA・サンチェスを見ていた モウリーニョにとって獲得は悲願

マンUを率いるモウリーニョ photo/Getty Images

マンUで仕事をする機会が巡ってきた

マンチェスター・ユナイテッドはアーセナルからFWアレクシス・サンチェスを獲得したが、これは指揮官ジョゼ・モウリーニョの悲願でもあったようだ。

英『METRO』によると、モウリーニョの下で長くスカウトを務めてきたホルヘ・アルビアル氏はモウリーニョが以前からサンチェスのことをチェックしていたと明かしており、その才能を非常に高く評価していることを強調している。

「私はジョゼがチェルシーにいた2006年からサンチェスを勧めてきた。当時の彼は若かったが、私は将来性がある1人と見ていたんだ。モウリーニョは常に彼を好んでいた。最も好んでいる部分はピッチでリーダーシップを発揮できるところで、さらにその優れた才能でいかなる時もゲームを変えることができる。モウリーニョは何年も彼のことを知っていた。我々がチェルシーで働いていた頃より詳細のレポートを見ていたからね」

サンチェスは2005年にプロとしてキャリアをスタートさせ、2006年当時はウディネーゼから母国チリのコロコロにレンタル移籍していた。同氏はその頃よりサンチェスの才能を見抜いていたようだ。やっとモウリーニョと仕事をするタイミングが巡ってきたが、サンチェスは期待に応えてくれるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ