今季の岡崎は”守備だけ”じゃない 開幕弾に英紙は7点評価「疲れることなく走り、得点もGood」

開幕戦から大活躍だった岡崎 photo/Getty Images

アーセナル相手にゴール

昨季はリーグ戦3ゴールに終わったレスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司だが、今季は快心のスタートを切ってみせた。開幕戦となった11日のアーセナル戦に先発出場すると、前半5分にヘディングからゴールをゲット。その後もヘディングから惜しいシュートを放つなど、岡崎の姿勢からはゴールへのこだわりが見られた。

さらに守備時は変わらず自陣まで戻って献身的に走り、ジェイミー・バーディと中盤を繋ぐ役割としても奮闘。この活躍に英紙も高い評価をつけている。

地元紙『Leicester Mercury』は岡崎に7点の評価をつけ、「彼のゴールはよかった。バーディとも途切れることなく連携していた」と好印象を抱いたようだ。英『Daily Mirror』も同じく7点の評価を与えており、「疲れることなく走り、得点まで奪い、そしてどのボールも諦めなかった。Goodだ」と伝えている。

岡崎もFWとしてゴールを求めているはずで、今季は守備的な役割に加えてゴールへの意識を強く持っていることだろう。開幕戦、しかも強豪アーセナルから良いスタートを切ることができたが、岡崎はこの勢いを今後に繋げられるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ