エトーもクライファートもアンリも敵わない? スアレスは「バルサ史上最高」の点取り屋なのか

バルサと契約延長

バルサと契約延長

得点量産するスアレス photo/Getty Images

先日バルセロナとの契約を延長したFWルイス・スアレスは、クラブ史上最高のストライカーなのだろうか。加入初年度から点取り屋としてチームに貢献し、リオネル・メッシ、ネイマールとMSNと呼ばれるトリオを形成。昨季はリーグ戦40得点を記録して得点王に輝いている。ここまでは非の打ち所がない素晴らしい成績だ。

過去にバルサで活躍したストライカーと比較しても、スアレスの得点力は抜きん出ている。スペイン『MARCA』はバルサでプレイしたストライカーの歴代成績と比較しているが、ここまでスアレスは116試合に出場して96得点を記録している。

これを過去のストライカーと比較すると、ロナウジーニョらと活躍したサミュエル・エトーは199試合で130得点、ティエリ・アンリは121試合で49得点、パトリック・クライファートが257試合で122得点と、いずれもスアレスほどの得点ペースではない。メッシをストライカーと計算しないのであれば、スアレスはバルサ史上最も優れた9番と表現してもいいはずだ。

昨季に比べると今季はやや元気がないものの、それでもスアレスの得点力は異常なレベルにある。近年のバルサにはストライカーらしい選手がいないとも言われてきたが、スアレスこそ最高の答えだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ