足を使えないGKはもう時代遅れなのか マンCの1番背負う男が開幕戦でベンチに下げられる可能性も

未だにバルサGK狙う

未だにバルサGK狙う

マンCの守護神務めるハート photo/Getty Images

ジョゼップ・グアルディオラの率いるチームにおいてシュートを止められるだけのGKは必要とされていない。足も巧みに使えるスイーパー型GKが求められており、どうやら現在1番を背負うイングランド代表のジョー・ハートはその基準を満たしていないと判断されてしまったようだ。

英『Express』によると、マンチェスター・シティを率いるグアルディオラは開幕戦のサンダーランド戦でハートをスタメンから外す考えを持っているという。

ハートはプレシーズンマッチでも安定感あるパフォーマンスを披露することができず、グアルディオラの信頼を勝ち取ることができなかった。グアルディオラは未だにスイーパー型GKとしてバルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン獲得を狙っているようで、マンCの現1番に納得していない。

そのハートにはエヴァートンが興味を示しているようで、構想外となった場合には放出もあり得るかもしれない。

ハートはEURO2016でもウェールズ代表FWガレス・ベイルのフリーキックをしっかりストップできなかったことを批判されるなど、代表戦でも評価を落としていた。グアルディオラはEUROでのパフォーマンスについてはFWラヒーム・スターリングを含め擁護していたが、どうやらクラブに戻ってもハートのパフォーマンスは安定しなかったようだ。

グアルディオラ改革はセンターバックなどあらゆるところで始まっているが、足を使えないハートも粛清の対象となってしまうのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ