ピルロ2世の人気は相変わらず マンU、セリエA勢に加えてドイツの巨人も獲得狙う

アンチェロッティが獲得希望

現在行われているEURO2016には出場していないものの、アンドレア・ピルロ2世としてイタリア代表の将来を担う存在になると言われているのがパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェラッティだ。そのヴェッラッティには今夏も複数のクラブが関心を示している。

これまでマンチェスター・ユナイテッド入りが近いとされているズラタン・イブラヒモビッチがヴェッラッティをマンUへ誘っていると言われたり、ヴェッラッティの母国イタリアからも関心の声が届いていた。

ヴェッラッティの代理人はPSGに留まるとコメントしていたが、またヴェッラッティ獲得にを真剣に狙うクラブが表れた。

伊『TuttoSport』によると、新シーズンからバイエルンを指揮するカルロ・アンチェロッティがヴェッラッティ獲得を希望しているという。アンチェロッティはPSGを指揮していた際にヴェッラッティを指導しており、今でも高く評価しているようだ。

バイエルンにはすでに優秀なMFが揃っているが、この世代ではトップクラスの司令塔であるヴェッラッティをも引き抜くのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ