ドイツ代表レーヴ監督はフンメルスのバイエルン移籍を歓迎か「喜ぶべきこと」

ブンデスリーガ残留を望む

ブンデスリーガ残留を望む

批判を浴びているフンメルス photo/Getty Images

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督がバイエルンへの移籍を決断したDFマッツ・フンメルスに関して自らの見解を示している。

10日、ついにバイエルンへの移籍が正式発表されたフンメルス。今後ファンからは国内最大のライバルへ加わった同選手に対して非難の声があがることが予想されるが、レーヴ監督は違うようだ。独『Sport Bild』が伝えている。

同監督は「基本的に私は喜んでいるよ。代表選手がブンデスリーガに残るというのは喜ぶべきことだ。私にとってブンデスリーガはプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラと並ぶ強さ、魅力があるからね」とフンメルスの“ブンデスリーガ”残留を喜んだ。

来季からフンメルスが赤いユニフォームをまとい、ドルトムントに凱旋したならば多くのブーイングを浴びることは間違いない。しかしレーヴ監督にとって、ドイツ国内で活躍する代表選手を見られるということは非常に喜ばしいことなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ