トッテナムとウェストハムが FWエイブラハムを巡り争奪戦!? 売却に前向きなローマは4000万ポンドで退団容認か

トッテナムやウェストハムからの関心が伝えられたローマFWエイブラハム photo/Getty images

今季は公式戦僅か2試合の出場に留まる

今夏、ローマFWタミー・エイブラハムを巡って、プレミアリーグのクラブ間での争奪戦が勃発する可能性があるようだ。

イギリスメディア『TEAMTALK』によると、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーとウェストハム・ユナイテッドが今夏の移籍市場でのエイブラハム獲得に強い関心を持っているようだ。ローマ側も同選手の売却に前向きな姿勢を示しており、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに次ぐチーム2番目の年俸を受け取るエイブラハムの退団を4000万ポンド程度で容認する見込みだという。

現在26歳のエイブラハムは、2004年にチェルシーの下部組織に加入。2016年5月にトップチームデビューを果たすと、その後はブリストル・シティ、スウォンジー・シティ、アストン・ヴィラと3季連続でイングランド国内へのレンタル移籍を経験。19-20シーズンからチェルシーに復帰すると、2年間で公式戦79試合に出場し、30ゴール8アシストの成績を残すなど、フランク・ランパード監督の下、チェルシーでの地位を築きつつあった。しかし、トーマス・トゥヘル監督就任以降は、出場機会が減少し、2021年8月にローマへと完全移籍していた。
移籍先のローマでは初年度から公式戦53試合に出場し、27ゴール5アシストを記録するなど、主力として活躍を続けていたエイブラハム。しかし、昨季に負った前十字靭帯損傷から復帰して以降はベンチスタートが増加。今季の先発出場は公式戦僅か2試合にとどまり、得点は1ゴールのみと苦しい1年を過ごしていた。

そんなエイブラハムだが、現在トッテナムやウェストハムが熱視線。また同メディアによると、アストン・ヴィラ、レスター・シティ、ボーンマスといった3クラブも同選手に興味を示しており、今夏の移籍市場でプレミアリーグに帰還する可能性が高まっている。英国内の最大5クラブによる争奪戦は勃発するのか。今後の動向から目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ