ニューカッスル&マンUとの争奪戦を制したのはチェルシー? 去就騒がれたアダラビオヨが獲得間近に

ビッグクラブにより争奪戦に photo/Getty Images

フリーで獲得可能

フラムでプレイするDFトシン・アダラビオヨはチェルシーへの移籍が迫っているようだ。英『BBC』が報じている。

マンチェスター・シティの下部組織出身であるアダラビオヨ。16歳の時にはU-18のチームでキャプテンを務めるなど、トップチームでの活躍も期待されていた。しかし、トップチームの壁は厚く、公式戦の出場は8試合に留まった。

2018-19シーズンはWBAヘ、2019-20シーズンにはブラックバーンへのレンタル移籍を経て、2020年にフラムに加入した同選手。フラムでは定位置確保に成功し、今シーズンも公式戦25試合に出場し2ゴールをマークしている。現行契約では今夏に契約満了を迎えるため、フラムは新契約を準備しているという報道もあったが、アダラビオヨ自身は退団を望んでいると考えられていた。
プレミアリーグでの経験豊富なCBがフリーで獲得できるということもあり、様々なクラブが興味を示しており、ニューカッスルやマンチェスター・ユナイテッドも獲得を検討しているクラブだった。ニューカッスルへの移籍が迫っていると考えられていたが、ここに来てチェルシーに加入することが濃厚となり、来週中にはメディカルチェックを行う見通しだという。

チェルシーはセットプレイコーチにブレントフォードから加わったベルナルド・クエバ氏を就任させるため、アダラビオヨには守備だけではなく、攻撃面も期待しているようだ。

またアダラビオヨがチェルシーに加入することで、去就が注目されているDFトレヴォ・チャロバーの退団を加速させるかもしれないと、同メディアは綴っている。24歳のチャロバーにはユナイテッドが興味を示していると考えられている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ