2024年唯一の敗戦が分岐点に? アーセナル指揮官アルテタがプレミアタイトルを “失った”と感じた一戦を振り返る 「前半は4-0で終わるはずだった」

最終節の試合後サポーターに挨拶するアルテタ photo/Getty Images

ホームで敗戦

クラブ史上最多となるプレミアリーグ28勝を上げたものの、マンチェスター・シティの終盤の追い上げで、優勝を逃してしまったアーセナル。

終盤に失速してしまった昨シーズンからの成長を見せたが、後一歩届かなかった。そんななか、指揮官のミケル・アルテタは今シーズンを振り返り、タイトルに手が届かなくなったと感じた瞬間を語っている。

「間違いなくホームでの(アストン)ヴィラ戦だ。前半は4-0で終わるはずだった。火曜日(シティがトッテナムに2-0で勝利)に起こったことを考えると、もしかしたら同じことが起こったかもしれない。これがマージンだ。スタッフと選手たちは、プレミアリーグで優勝するためにあらゆる限界を打破してきた。でも残念ながら十分ではなかった」(英『90min』より)
アルテタがタイトル争いの分岐点となったと考えている試合は4月14日に行われたプレミアリーグ第33節だ。ホームにアストン・ヴィラを迎えたこの試合はアーセナルが前半から幾度となく相手ゴールに迫るも得点を奪えず。後半も1点が遠かったアーセナルは試合終盤に2失点を許してしまい0-2で敗戦してしまった。

この試合の後、アーセナルは結果的に最終節まで6連勝を果たしたが、2024年唯一のリーグ戦の負けがプレミアリーグのタイトルの行方を分けることとなった、と指揮官は分析しているようだ。

またアルテタは4連覇を遂げたシティに対して、「おめでとう、シティ。12月から彼らがやってきたことは信じられない」とコメントを残しながらも、「どのパフォーマンスもこれまでで最高のものだったが、それでも十分ではなかった」と後一歩でリーグ優勝を逃した悔しさを言葉にした。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ