欠場試合が全敗 シティの“替えの利かない選手”ロドリ、休息の必要性を語る

シティに所属するロドリ photo/Getty Images

今季3497分プレイ

マンチェスター・シティは前人未到の2年連続のトレブル(3冠)に向けて、シーズンを戦っている。プレミアリーグでは首位に勝ち点1差の3位につけ、FAカップでは準決勝まで駒を進めている。チャンピオンズリーグでもベスト4を賭け9日にレアル・マドリードと戦ったばかりだ。シティのような多くのコンペティションで戦うチームのレギュラーは、出場試合数も多くなり、プレイ時間も多くなる。

シティに所属するロドリも、そんなプレイ時間の多い選手の1人だ。ロドリは今季3497分間プレイしている。このプレイ時間は、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスのトップリーグでプレイする選手の中で23番目に多い数字だという。当然、クラブや監督は選手への過負荷を考慮し、ローテーションして休ませることもあるが、ロドリはそうもいかない替えの利かない選手だ。今季ロドリは、警告の累積による出場停止処分で4試合に欠場しているが、シティはその4戦、全敗している。

そんななか、ロドリは「休息が必要」だと語り、以下のように続けた。
「調整する必要がある。それ(休養)は私たちが計画していることだ」(英『BBC』より)

ロドリは休息の必要性を訴え、実際に休息を計画しているという。しかし、今季終了後にはEURO(欧州選手権)も開幕するため、ロドリはシーズン終了後もスペイン代表としてプレイする。過負荷による負傷だけは気をつけて欲しいものだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ