今季新加入のコバチッチが王者マンCの強さの秘訣を語る 「以前から聞いていた素晴らしさを今身をもって体験している」

シティに今季加入のコバチッチ photo/Getty Images

高い目標を持つチームの姿勢

マテオ・コバチッチは、昨季プレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグの三冠を達成した王者マンチェスター・シティに今季加入した。途中出場が多いながらもチームに適応しているコバチッチが、マンCでの最初のシーズンについてクロアチア『Sportske Novosti』にその印象を語っている。

「自分のキャリアの中で最も重要な時期に、マンチェスター・シティを選ぶ機会を与えられたことを嬉しく思うし、幸せだ。このチームを選ぶことに迷いはなかったよ。シティに入ったとき、ここでは誰も歴史的な三冠を達成したことに満足してリラックスしていないことに気づいたんだ」

また、コバチッチは監督のペップ・グアルディオラについて「以前から聞いていた素晴らしさを今身をもって体験している」という。
「本当に感動した。グアルディオラが目指すものを達成するための彼の考えがシンプルであることが、この成功の大きな要因だと思う。プランAがうまくいかなかった場合のプランBやプランCを常に用意することを徹底している。だから僕たちはピッチ上の状況に素早く適応できる。彼は試合中の緊急事態に対する解決策を常に用意しているんだ」

「グアルディオラはあらゆることを予測し、試合中でさえ、彼自身が説明してくれることで、我々は彼が準備してくれた内容の意図を理解することができる。グアルディオラは僕が最も感銘を受けた監督であり、多くの人が彼を世界最高の監督、おそらくサッカー史上最高の監督と評価する理由がわかった」

現在、マンCはリーグ戦でリヴァプール、アーセナルと3つ巴の戦いを演じており、CLはラウンド8まで勝ち進んでいる。しかし、リヴァプールとの大一番の後、チームの大黒柱ケビン・デ・ブライネが負傷というアクシデントに見舞われてしまった。デ・ブライネの復帰時期が不透明となっている中で、日本時間4月1日にはアーセナルとの首位攻防戦、4月10日にはCLラウンド8でレアル・マドリードとの対戦とビッグマッチが連続して控えている。この局面をグアルディオラはどのような采配で乗り切るのだろうか。そして、デ・ブライネが欠場の場合、先発出場が濃厚となるコバチッチの活躍にも期待がかかる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ