Warning: file_get_contents(https://www.theworldmagazine.jp/ranking.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/theworldmag/theworldmagazine.jp/public_html/wp-content/themes/theworld2015/header.php on line 8
ターンオーバーしてもインテルは強すぎる 全てが上手く回るインザーギ・インテルを止められるチームはあるか|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

ターンオーバーしてもインテルは強すぎる 全てが上手く回るインザーギ・インテルを止められるチームはあるか

レッチェ戦に大勝したインテル photo/Getty Images

今節はレッチェを4ゴールで一蹴

25日にセリエA第26節でレッチェと対戦したインテルは、この格下との一戦で主力選手の一部を休ませた。

FWマルクス・テュラム、DFフランチェスコ・アチェルビが負傷で欠場していることに加え、中盤の要でもあるハカン・チャルハノールとニコロ・バレッラもベンチスタートに。DFアレッサンドロ・バストーニ、バンジャマン・パヴァールもベンチに座ったままだった。

1-0で勝利した先日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のアトレティコ・マドリード戦と比較すると、レッチェ戦で指揮官シモーネ・インザーギはスタメンを7人入れ替えたことになる。
それでも、インテルは4-0とレッチェを一蹴。最終ラインでは23歳と若い196cmの大型DFヤン・ビセックが3バックの一角に入り、中盤ではバックアッパーのクリスティアン・アスラニ、ダヴィデ・フラッテシが先発。前線にはベテランのアレクシス・サンチェスが入っている。

途中からは今冬に加入したスピード自慢のMFタジョン・ブキャナン、さらには19歳のナイジェリア人MFエベネザー・アキンサンミロまで登場。アキンサンミロは昨年の冬にインテルのアカデミーに加わった選手で、これがセリエAデビュー戦となった。

若手にも出番を与えながら、大勝を収める理想的な勝利だ。伊『Calciomercato』はインザーギ率いるインテルの全てが美しく回っているとマネジメントを絶賛していて、2位ユヴェントスとは9ポイント差をつけている。油断は禁物だが、もうスクデットは見えてきている。

3月13日に控えるアトレティコとの2ndレグへコンディションを整えていけるはずで、今のインテルは欧州でもトップクラスの安定感を誇っている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ