リヴァプールもチェルシーも負傷者多数で先発はどうなる? カラバオ決勝も両軍にケガ人多発中

ブレントフォード戦では緊急出場していたサラー photo/Getty Images

チームのやりくりも大変だ

週末にカラバオカップの決勝を戦うリヴァプールとチェルシー。勝てば今季初のタイトルを手にすることになるが、心配なのはケガ人の多さだ。リヴァプールもチェルシーも、多数の離脱者を抱えた状態で挑むことになる。

リヴァプールはGKアリソン・ベッカー、DFトレント・アレクサンダー・アーノルド、MFドミニク・ショボスライ、カーティス・ジョーンズ、チアゴ・アルカンタラ、ステファン・バイチェティッチが引き続き欠場となる見込み。一方でルートン戦を外れたFWモハメド・サラー、ダルウィン・ヌニェスに関しては予防策のようなものだったと英『football.london』は報じており、出場はできるようだ。

チェルシーは開幕時からケガ人が多く、スカッドが揃わないのが常態化してしまっている。欠場はDFリース・ジェイムズ、マルク・ククレジャ、MFレスリー・ウゴチュク、ロメオ・ラヴィアら。他、DFチアゴ・シウバも股間を痛めており、不透明な状況にある。またGKロベルト・サンチェスは完全なフィットネスに戻ったが、「個人的な問題」でマンチェスター・シティ戦のメンバーには入らなかったとされており、こちらも不透明だ。一時の壊滅的な状態からはチーム全体のフィットネスが上向いており、むしろリヴァプールよりも状態は良いといえるだろうか。
プレミアリーグも佳境を迎えつつあり、チームのマネジメントが問われるこの時期。両チームともに多くのケガ人を抱えた状態で激突することになった。サラーなど万全でないと思われる選手も出場する見込みだが、これ以上の負傷者が出ないように願いたいものだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ