このままレヴァークーゼン優勝? 王者バイエルン粉砕で自信は確信に「レヴァークーゼンは優勝の大本命だ」

バイエルンを撃破したレヴァークーゼン photo/Getty Images

バイエルンとは5ポイント差に

10日に行われたブンデスリーガ第21節、レヴァークーゼンVSバイエルンの首位攻防戦はレヴァークーゼンが3-0と圧勝した。

まだまだ試合は残されており、首位レヴァークーゼンとバイエルンの勝ち点差はまだ5ポイントだ。絶対王者バイエルンの逆襲もあり得るが、現段階ではレヴァークーゼンの方がチーム力でかなり上をいく印象だ。それほどシャビ・アロンソ率いるレヴァークーゼンの完成度は高い。

『sky Sports』にて、元ドイツ代表で現在は解説を務めるローター・マテウス氏もレヴァークーゼンがこのままブンデスリーガを制すると見ている。
「このままのプレイを続けるならば、レヴァークーゼンがチャンピオンになることに何の疑いもない。彼らは共に成長していて、チームのすべてをコントロールできるシャビ・アロンソというリーダーがいる。レヴァークーゼンは優勝の大本命だ。もしそうでないと言う人物がいるなら、その人はフットボールのことを何も知らないということだ」

ブンデスリーガのみならず、5大リーグ全体で見てもレヴァークーゼンより完成度の高いサッカーを展開しているチームは限られるだろう。バイエルン相手の快勝が選手たちに与えた自信は大きいはずで、このまま突き進む可能性もありそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ