ギラシに続いてウンダブも大ブレイク シュツットガルトでドイツのストライカーは目覚めた

ライプツィヒ戦でハットトリックを決めたウンダブ photo/Getty Images

ウンダブの得点数も12ゴールまで伸びてきた

27日にブンデスリーガ第19節でライプツィヒと対戦したシュツットガルトは、5-2でこの上位対決を制してみせた。

立役者は、ハットトリックを決めたFWデニス・ウンダブだ。ギニア代表としてアフリカ・ネイションズカップに参戦しているFWセール・ギラシの穴を見事に埋めており、ウンダブのリーグ得点数は12点まで伸びてきた。

今季のシュツットガルトではギラシが2度ハットトリックを達成しているため、今回のウンダブで3度目のハットトリックとなる。データサイト『Opta』によると、シュツットガルトの選手が1シーズンに3度ハットトリックを達成するのは5位でフィニッシュした2004-05シーズン以来のことになる。
当時はFWケビン・クラニーが2度、カカウが1度達成しており、当時もシュツットガルトにとっては悪くないシーズンだった。

当時はリーグ戦34試合で54ゴールを奪っていたが、今季は19試合時点で43ゴールまで数字を伸ばしている。ギラシに続いてウンダブまでヒットしたのは大きく、今季は特別なシーズンだ。ウンダブもイングランドのブライトンでは思うような結果を残せなかったが、シュツットガルトでは見事アピールに成功。今夏のEURO2024でドイツ代表メンバーに入ることも不可能ではないだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ