[オフ・ザ・ピッチの流儀 #03]松本健太(柏レイソル)「乃木坂46の賀喜遥香さんと遠藤さくらさんのどちらを推すか迷っています(笑)」

普段、ピッチを主戦場とするサッカー選手。 しかし、サッカー選手の生活はピッチの上だけではない。ピッチの外、つまり“オフ・ザ・ ピッチ”もサッカー選手にとっては大事な部分。ピッチでの活躍に注目が集まるサッカー選手たちのライフスタイルを掘り下げる不定期連載「オフ・ザ・ピッチの流儀」では、知られざるフットボーラーたちの横顔に迫る。

第3弾は、柏レイソルに所属するGK松本健太。今シーズンよりレイソルの守護神の座を掴み取った松本 。ついにJ1の舞台でのポジションを確保し、天皇杯で決勝進出を果たした彼の素顔に迫る。

流儀その1:食事は脂質と食べる量に気をつけるべし



流儀その2:オフは家から出て、サッカーのことから離れるべし



流儀その3:ファンサは乃木坂46から学ぶべし

さまざまな質問に丁寧に応えてくれた松本選手 photo/theWORLD

卒業論文をきっかけに栄養や睡眠のことを考えるように

─ 長いシーズンも終わりましたが、 シーズン中のオンとオフはしっかりと分けたいタイプですか?

「そうですね。オンとオフははっきり分けたいタイプですね。次の日に練 習がある休みだと練習のことも考えるので夜更かしなどはしないですが、オフはできるだけサッカーのことから離れて自分のやりたいことをするようにしています。あと、家にずっといるのがあまり好きではないので、できるだけ外に出かけるようにしています。カフェに行ったり、運転も好きなので1人ドライブも好きですね。行き先をあんまり決めずにふらっといくのが好きです」

─ コンディションを保つ上で食事や睡眠で気をつけていることはありますか?
「シーズン中は脂質の高いものは食べないようにしています。クラブで 月に1回体脂肪測定があるので、その結果を見て食事に気を遣うようになりました。今では年に数回しか揚げ物は食べなくなったし、家でも体重計を買ってチェックしています。あと食べる量にも注意しています。動いた分食べるというか、練習も週明けと試合前で強度が違うので、食事の量にも気を遣っています。睡眠の部分で言うと、最低でも7〜8時間は寝るようにしています。寝すぎると、逆に目覚めが良くないこともあるので。自分にとっていい睡眠時間を試して7〜8時間の間が一番良かったですね」

─ 松本選手は食事も睡眠も色々と自分で試行錯誤しながら今のルーティーンに辿り着いたと思いますが、プロになってからより意識するようになったのですか?

「大学4年生の時からですね。高校までは実家にいたので、親が作ってくれるご飯を食べてましたし、練習がある日はユースの人たちでもクラブハウスの食堂で食べることができたので、そこまで気にしていませんでした 。 大学で1人暮らしをするようになって、自炊もするようになりました。 卒業論文で「パフォーマンスを上げるためにはどうしたらいいか」ということを研究の題材にしたのがきっかけで、栄養素や睡眠の質を上げることを考えるようになりました」

ファンの気持ちも自分はわかっているつもり

─ 松本選手は乃木坂46がお好きだと聞きました。オフの日はライブに行ったりもしますか? またレイソルの試合に乃木坂46のグッズを持参する方や乃木坂46のライブにレイソルのグッズを持ってくる方もいると聞きました。松本選手の記事やSNSで乃木坂46のファンであることは有名ですが、いつから好きになったのですか?

「そうですね。ライブに行ったり握手会に行ったりしてます。今年の夏の神宮球場のライブも行きましたけど、冬はあんまりイベントないんですよね(笑)。スタジアムでも乃木坂46のメンバータオルを持っている方も見たことがあります。背番号の46番を見て、「この人、乃木坂好きなのかな」って興味を持ってくれる方もいらっしゃいます。きっかけは、大学生の時にコンビニでバイトしていた時に、流れているラジオみたいなのが当時の欅坂46(現在の櫻坂46)で、バイト中にずっと聞いていたら自然と好きになっていました。そこから1年半くらい欅坂46のファンだったのですが、ある時乃木坂46のライブに行くことがあって、そのライブではまっちゃいました(笑)」

─ SNSで齋藤飛鳥さんの推しを公言していましたが、卒業してしまいましたね。今は誰を推しているのですか?

「そうですね。齋藤飛鳥さんはずっと前から好きでした。卒業はやっぱり寂しかったですね。齋藤さんほどの推しメンはもうできないかなと思ってます。以前、インタビューかなんかでは「今は賀喜遥香さんが推しです」って話したこともあったのですが、賀喜遥香さんと遠藤さくらさんのどちらを推すか迷っています(笑)」

─ 松本選手もプロサッカー選手を目指す人たちやサポーターの方にとっては“アイドル”だと思うのですが、同じ“見られる側”として乃木坂46から学んだことはありますか?

「ライブは純粋に楽しんでいます。でも自分も表に立つ側なので、学ぶところがあります。スタジアムも観客席とピッチが近いですし、コロナも明けて練習後のファンサも増えてきて、きてくださった方に自分がされて嬉しいと思える対応を心がけています。ファンの気持ちも自分はそれなりにわかっているつもりなので、応援してくださる方への接し方はすごく勉強になるなって思います」

─ ファッションのことも聞いていきたいと思います。多くの方から“見られる職業”でもあるサッカー選手。普段の服装で気をつけていることはありますか?

「練習にはスウェットだったりラフな格好で行くこともありました。でも三浦知良選手はいつどんな時に見られてもいいように、普段の練習からちゃんとした服装で行っているという話を聞いて意識するようになりました。ラフな日もありますが、出かけるような服装で練習にも行くようにし ています」

─ 普段の服装で色やサイズ感など気をつけているポイントはありますか?

「シンプルな服装が好きなので、色はほとんどモノトーンで構成するようにしています。サイズ感はその日の気分によって変わりますね。カチッと決めたい日もありますし、ゆったりとオーバーサイズを着たい日もあるので。あと、靴は革靴ですね。昔からスニーカーを履くよりも革靴の方がしっくりきて、普段はほとんど革靴を履いています」

Xの振り返り動画も参考にしてほしい

─ 最後にサッカーのことを聞いていきたいと思います。今シーズンよりJ1の舞台でポジションを確立した松本選手ですが、実際に戦ってすごいと感じたGKや憧れのGKはいますか?

「尊敬しているのはずっとブッフォンですね。参考にしているのはバルセロナのテア・シュテーゲンやマンチェスター・シティのエデルソンです。動画を見たりして勉強しています。対戦してすごいと感じた選手はG大阪の東口順昭選手です。シュートストップやゴールを守るっていう部分では本当にすごいなと思いました。 足元の技術やキックの技術だと横浜F・マリノスの一森純選手やC大阪のキム・ジンヒョン選手、ヤン・ハンビン選手もすごいと感じました」

─ 松本選手はX(旧Twitter) で失点シーンや自身のプレイの振り返りをやっていますね。始めたきっかけはありますか?

「昔からやべっちF.C.とかで点を決めた選手にフォーカスして選手が解説する企画があったじゃないですか。 フィールドの選手はプレイの意図とかも周りから認知されていたり、考え方が浸透しているのかなと感じてて。 逆にGKは特殊なポジションなので、 どういう狙いがあったのかなどがわかりにくいと思うんです。GKをやっていた人じゃないとわからない部分もありますし、だからそこに対する理解度が深まればいいなと思いました。Jリーグでプレイしている自分が、どんな意図があってプレイしたかや失点 シーンの改善点を発信することで、やっている人の参考になればいいなと思います。また改めて一回言語化することで、自分も振り返りやすいし、頭の中に入りやすいところもあるので始めました」

─ 最後に、今シーズンにより守護神の座を獲得した松本選手ですが、これからのチームとしての目標や個人の目標はありますか?

「チームとしては来シーズンもタイトルにこだわってやっていきたいです。J1残留も決めましたし、天皇杯で決勝に行くこともできたので。こういう機会は毎年あるわけではないですし、またタイトルに挑戦できるように積み重ねていきたいです。個人としては今、J1の舞台で出場することができているので、これからもコンスタントに出場していきたいです。最終的にはサッカーをやっている身として、もちろん日本代表入りやW杯出場は目指したい。そういった目標は一番上にあります。でもまずは自分のチームでコンスタントに出場していくことが今の自分には大切なんじゃないかなって思います」

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)288号、12月15日配信の記事より転載

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:連載

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ