宮崎、昨季限りで退団の瀧澤修平が関東リーグへ 「来年も挑戦の1年になります」

瀧澤はジョイフル本田つくばへ(写真はイメージ) photo/Getty Images

宮崎を退団した瀧澤

テゲバジャーロ宮崎は11日、昨季限りでチームを退団したDF瀧澤修平がジョイフル本田つくばに加入したことを発表した。

瀧澤は東洋大学から2016年にFC琉球へ入団し、体躯の良さを生かした強靭なフィジカルを武器とし、対人守備で強さを発揮。初年度ではJ3リーグ戦25試合出場・1得点を記録した。2018年には32試合に出場してJ3優勝に貢献すると、2019年には水戸ホーリーホックへ移籍し、2シーズンの在籍でリーグ戦20試合に出場している。

モンテディオ山形を経て、昨季宮崎へ加入する。しかしJ3リーグ戦8試合の出場にとどまり、1年で退団することが発表されていた。瀧澤はクラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「テゲバのファン、サポーターの皆さんお待たせしすぎました!宮崎を離れ来年も挑戦の1年になりますが、気にかけてくれると嬉しいです。改めて、いつも温かい応援とサポートありがとうございました!」

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ