10年前はPSGでチーム得点王 “41歳”の今もブラジルで躍動するレフティーアタッカーがいた

PSG時代のネネ photo/Getty Images

PSGでも才能を感じさせた

2012年にFWズラタン・イブラヒモビッチ、エセキエル・ラベッシ、ルーカス・モウラ、MFマルコ・ヴェッラッティ、チアゴ・モッタ、DFチアゴ・シウバらが加わり、一気にスター化したパリ・サンジェルマン。

このシーズンはイブラヒモビッチが期待に応えてチームトップとなる35ゴールを挙げることになり、早い段階から攻撃はイブラヒモビッチ中心となった。

では、その1年前までパリを引っ張っていたアタッカーを覚えているだろうか。2位に入った2011-12シーズン、チーム最多となる27ゴールを記録したのはブラジル人FWネネだった。
イブラヒモビッチらが加入するまではネネが攻撃陣最大のスターだったが、大物アタッカーが続々とやってきた2012-13シーズンは出番が減少。2013年の冬にはパリを離れてカタールのアル・ガラファに移籍することになった。

そのネネは今どこにいるのか。41歳と大ベテランの域に達したが、ネネは今も現役を継続しているのだ。

現在所属しているのは、ブラジル2部のヴァスコ・ダ・ガマだ。しかもネネは主力を務めており、今季は2部で7ゴール7アシストと見事な成績を残している。

スペイン『as』によると、ネネはまだ現役を退く考えがないという。目標はヴァスコ・ダ・ガマでのリベルタドーレス出場で、それを叶えるにはもう少し時間が必要となる。

ブラジルの2部とはいえ、40代のアタッカーが数字を残すのは簡単ではない。パリ時代も才能を感じさせるプレイヤーだったが、やはりセンスは本物なのだろう。ネネは今もブラジル国内で印象的な活躍を続けている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ