強烈な無回転ミドルでゴールを決めた岩波拓也 キックを武器に攻守で存在感を発揮

岩波のキックがゴールを生む photo/Getty Images

先制ゴールの岩波

浦和レッズはJ1第34節でアビスパ福岡と対戦。1点をリードするものの、同点に追いつかれて1-1のドローで終わった。強烈なミドルシュートをゴールネットに突き刺した男が岩波拓也だ。

前半をスコアレスで折り返した後半にスーパーゴールが決まる。56分、相手陣内の中央付近で岩波拓也がボールを持つと、プレスがかかるのが遅いとみるや豪快に右足を振り抜く。

ボールは無回転でクロスバーに直撃すると、そのままゴールに吸い寄せられて先制点となった。浦和の2022シーズンの最終戦で、岩波の強烈なドライブシュートが今季のラストゴールになった。
正確なキックで最終ラインからロングボールを供給するだけでなく、クサビとなる縦パスを入れてポゼッションに参加する岩波。武器を生かしたシュートはFKでも時折見せていたが、流れの中から一撃を仕留めて貴重なゴールを決めてみせた。ただ、試合はその後、カウンターから同点に追いつかれてしまっており、課題も見えた最終節となってしまった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ