W杯でサムライブルーの“得点源”は誰になる? 活かすべきは2列目のキング・鎌田大地だ

日本代表でも存在感増す鎌田 photo/Getty Images

前線のスピードと2列目のテクニック発揮がベスト16へのカギ

ワールドカップのメンバー選考は毎回議論を呼ぶものだ。過去の日本代表ではサプライズ招集があったが、今回は『サプライズ選外』の方が話題になっている。前線の大迫勇也、古橋亨梧の2人が森保ジャパンから外れることになり、森保一監督の思い切った決断は世界から注目を集めた。

問題は、カタールの地でどうゴールを奪っていくかだ。前線では浅野拓磨、前田大然のスピードスターコンビ、前線で体を張れる上田綺世といった選手が召集を受けたが、3人ともA代表での経験が豊富というわけではない。代表戦でゴールを量産してきたわけでもなく、エースと呼べる存在は確立されていない。チームスタイルの中で自身の良さを発揮していくことになるはずだ。

やはりカギはタレントが揃う2列目だろう。米『ESPN』が現日本代表最大の得点源と期待をかけたのは、鎌田大地だ。
「日本がドイツ、スペインのどちらか相手に番狂わせを起こし、コスタリカに勝利してベスト16へ進むとした場合、ゴールはどこからくるのか。南野はクラブより代表で活躍する傾向にあり、伊東や堂安も脅威になる。ワンダーキッドの久保建英も21歳でありながらカタールで重要な役割を果たすことができる」

「しかし、おそらく日本がゴールを奪ううえで最善の策となるのはスターへの階段を駆け上がっている鎌田となるだろう。完全なストライカーではないものの、現在ブンデスリーガでヴェルナーやマネをも抑えて7ゴールを挙げている選手だ」

前田、伊東、浅野のスピードで相手にプレッシャーを与え続け、攻撃面では彼らを走らせる速攻と2列目の選手が持つ個の能力を引き出すスタイルでゴールを狙っていくことになるだろう。ドイツ、スペイン相手にゴールを奪うのは容易ではないが、この前線チョイスはヒットするのか。森保ジャパンの賭けがベスト16への扉を開けるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ