川崎時代の旗手怜央に「もっと成長できると思った」 セルティック移籍後初得点の日本代表MFにポステコグルー監督がJ時代の思い明かす

旗手の活躍に期待だ photo/Getty Images

マザーウェル戦で移籍後初得点

セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第9節でマザーウェルと対戦。2-1で勝利して首位をキープした。この試合で移籍後初ゴールとなった旗手怜央は、指揮官からも大きな信頼を寄せられている。

旗手と前田大然、古橋亨梧が揃って先発した今試合は、古橋が15分に先制点を決める。一度は追いつかれてしまうセルティックだが、64分に旗手がミドルシュートを突き刺し、2-1と勝ち越し。そのままセルティックが勝利した。

試合後にアンジェ・ポステコグルー監督は旗手に対し「怜央は成長を続けており、まだまだ多くのポテンシャルを秘めている」とコメント。旗手へ高い期待感と信頼を口にする。また横浜F・マリノスの指揮官を務めていた同監督は、対戦相手だった川崎時代の旗手に「プロ1年目で彼が残したインパクトを見た時に、これが彼のベースならば、もっと成長できると私は思っていた」と明かした。
UEFAチャンピオンズリーグでゴールネットを揺らした旗手だったが、VARによって最終的にはオウンゴールとされ、ゴールはお預けとなっていた。そんな旗手が豪快な一撃を決めて成長とアピールを続けた。森保ジャパンでは起用のなかった旗手だが、セルティックで結果を残し、ワールドカップのメンバー入りに闘志を燃やす。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ