クラシコでの一発を沈めたハフィーニャ 強烈な一撃はバルセロナの大きな武器に

決勝点を挙げたハフィーニャ photo/Getty Images

ハフィーニャのゴールでレアルに勝利

バルセロナはプレシーズンマッチでレアル・マドリードと対戦。アメリカで行われたエル・クラシコは、シーズンさながらの熱さで1点を守り切ったバルセロナが勝利した。

決勝点を奪ったのが、リーズが加入したばかりのハフィーニャだ。今試合で右ウイングで先発した同選手は、アンス・ファティ、ロベルト・レヴァンドフスキらと3トップを形成。初めてトリオを組むFW陣の中で、積極的にドリブルを仕掛けてチャンスをつくる。

すると27分、レアルのビルドアップを高い位置でカットするとペナルティエリア外から豪快なミドルシュートを放つ。ゴール右隅へと飛んだボールをティボー・クルトワは止めることができず。バルセロナが貴重な先制点を奪った。

最高の形でクラシコデビューを飾ったハフィーニャ。昨季は13アシストを記録したウスマン・デンベレなど、強力なアタッカーとポジションを争うこととなるが、スピードとテクニックだけでなく、意外性のある一発を持っているハフィーニャならチームの大きな武器となるだろう。攻撃陣にタレントがそろうバルサでどのように存在感を示していけるか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ