マンU退団のカバーニの新天地は? 衰え知らずのストライカーがリーガへ挑戦か

カバーニの新天地は photo/Getty Images

エメリ監督が指揮するビジャレアルの可能性も

今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したエディソン・カバーニ。一昨季にはプレミアリーグで10ゴールを記録するなど、衰え知らずの得点力を見せる35歳の新天地はどこになるのだろうか。

2019-20シーズンにパリ・サンジェルマンを退団したカバーニは、2020年10月にマンUへと加入する。背番号7番を背負いチームの得点源として活躍すると、UEFAヨーロッパリーグ決勝に導いた。

クリスティアーノ・ロナウドに7番を譲り、カバーニは21番となった今季は出場機会を減らしてプレミアリーグで15試合2得点1アシストにとどまった。契約満了にてチームを退団しており、新たなチームの噂が挙がっている。スペイン『MARCA』ではビジャレアルが獲得するのではないかと伝えている。

同紙ではPSG時代に指導したウナイ・エメリ監督がカバーニを求めており、同選手はすでにビジャレアルと合意に達しているとも報じている。ここまでセリエA、リーグ・アン、プレミアリーグでプレイしてきたカバーニは、リーガ・エスパニョーラでの経験はない。30代を超えて恩師の下で初挑戦となるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ