B・シウバが8000万ユーロでバルセロナ行きに合意? 英紙は否定もプレミア王者を今夏に離れるのか

ハフィーニャの次はこのベルナルド・シウバがターゲットだ photo/Getty images

移籍市場の終盤までこの話は長引きそうだ

フランク・ケシエ、アンドレアス・クリステンセンをフリーで獲得し、先日リーズ・ユナイテッドからハフィーニャの加入も発表したバルセロナ。今後の放映権料を売却したことで資金を作っており、22-23シーズンに向けて積極補強を行っている。

バルセロナの補強はまだまだ続くとされており、ロベルト・レヴァンドフスキ、ジュール・クンデの獲得が近いようだ。FWとDFの即戦力であり、彼らが加わればチームの安定感は増す。そして目玉補強として期待されているのが、マンチェスター・シティのベルナルド・シウバだ。今では世界最高の中盤として知られており、ジョゼップ・グアルディオラが率いるシティの中心人物である。

バルセロナに精通しているジェラール・ロメロ氏によるとシティとバルセロナは8000万ユーロでB・シウバを売却することで合意したという。以前は1億ユーロ必要とされていたが、かなり金額が下がっている。ただこの補強はフレンキー・デ・ヨングの売却が必須であり、移籍市場が閉まる8月31日まで交渉が成立しない可能性がある。
イギリスメディアである『90min』はロメロ氏が伝える売却の話はないと主張している。すべてが憶測であり、今夏にB・シウバを手放すプランは存在しないようだ。またペップは先日のチャリティーイベントにて残留して欲しいと明言しており、来季の計画に入っていると考えられる。

今後の放映権を売却し、資金を作るバルセロナ。復権に向けて即戦力を獲得しており、B・シウバを加えることになるのだろうか。それとも英紙が伝えるように残留となるのか、今後の動向に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ