レアル離れて“6年”が経った スペイン2部で復活した男が向かう意外な行き先

ラス・パルマスで活躍したヘセ photo/Getty Images

今季はスペイン2部ながら10ゴール

レアル・マドリードを離れて6年。復活への光も見えてきた男が選んだ新天地は意外な場所だった。

今季スペイン2部のラス・パルマスで話題を呼んだのは、FWヘセ・ロドリゲスだ。

ヘセといえばレアルのアカデミーから出てきたスペイン人アタッカーで、レアルのトップチームでも活躍。将来が期待されていた選手だった。

しかし、2016年にパリ・サンジェルマンへ向かったところからプランが崩れ始めた。怪我があったことも大きいが、ヘセは満足な活躍を見せられぬままイングランドのストーク・シティやスペインのレアル・ベティス、ポルトガルのスポルティング・リスボンなどレンタルで各地を転々とするキャリアに。ついには2020年にパリとの契約が満了となり、2021年の冬にフリーでスペイン2部のラス・パルマスに加わった。

スペイン2部に沈むラス・パルマスでは話題に挙がる機会が少なかったが、ヘセは10ゴール6アシストと活躍。惜しくも1部昇格とはならなかったが、ヘセは最後までラス・パルマスのために汗を流した。2部とはいえ、リーグ戦二桁得点もヘセのキャリアでは初のことだ。

そしてヘセは今夏新天地へ向かう。場所はトルコのMKEアンカラギュジュだ。MKEアンカラギュジュは今季2部で首位となり、新シーズンからはトルコ1部での戦いがスタートする。29歳で5大リーグを離れるのは寂しいところもあるが、ヘセはトルコの地で結果を残せるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ