神戸で存在感発揮するドリブラー 新体制でも武器を磨いて攻撃をけん引する

ゴールでチームに貢献したい photo/Getty Images

浦和戦でも攻撃の軸となった

今季浦和レッズからヴィッセル神戸へと加入して、評価を高めている男が汰木康也だ。積極的な仕掛けとドリブルを持つ彼が、新体制となったチームでも存在感を発揮していくことができるだろうか。

2019年にモンテディオ山形から浦和に加入した汰木は、2年目でレギュラーに定着。昨季もリカルド・ロドリゲス監督の下で先発に名を連ね、31試合4得点3アシストを記録した。神戸へと移籍した今季はJ1で16試合に出場して1得点を決めている。

三浦淳宏前監督体制時にはベンチスタートが多かった汰木だが、第7節のFC東京戦で加入後初のフルタイム出場すると、指揮官がアンヘル・ロティーナ前監督となってからは主力として活躍。スルスルと抜けていくドリブルを武器に左サイドから攻撃陣をけん引した。

しかしチームは暗闇から抜け出せず、チームは最下位に低迷。ロティーナ前監督も解任となり、今シーズンだけで3人目となる吉田孝行監督の就任を発表した。新たな体制でも汰木は積極性を見せてチームに貢献できるか。また後半戦では、神戸の勝利に直結する結果を求めたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ