柏を離れ、カタールで“No.1”の価値持つ男へ ハメスを猛追する恐怖のFWオルンガ止まらない

アル・ドゥハイルで活躍するオルンガ photo/Getty Images

今季は国内リーグで得点王に

柏レイソルを離れ、カタールで最も価値の高い選手へ。今季も制御不能だったのは、カタールのアル・ドゥハイルでプレイするFWマイケル・オルンガ(28)だ。

Jリーグでも得点王&MVPを獲得するなど大暴れだった大型FWオルンガは、今季カタール国内リーグで24ゴールを挙げて得点王を獲得。残念ながらリーグ戦はアル・サッドに優勝を譲ったが、アジアチャンピオンズリーグの方ではオルンガも4ゴールを挙げてグループステージを突破。オルンガにとっては充実したシーズンだったと言える。

市場価値も当然上昇を続けている。現在のカタールには欧州で活躍したスター選手たちが集まっており、昨夏からカタール国内リーグで最も市場価値が高いのはアル・ラーヤンに加入したMFハメス・ロドリゲスだ。

しかし、ハメスは欧州復帰の希望を明かすなどカタールで上手くいっていない。昨夏の段階では2000万ユーロの市場価値がつけられていたが、この1年で1300万ユーロまで低下。これでもカタール国内で最高額なのだが、それをオルンガが猛追。昨夏500万ユーロだった市場価値は、カタールで2番目に高額となる900万ユーロまで上昇している。

ちなみに柏に在籍していた2019年冬の時点では120万ユーロの市場価値となっていたため、オルンガの評価がこの2年で急上昇しているのが分かる。順調に上昇を続けており、もはやオルンガはアジアで抑えられるレベルのストライカーではない。

欧州からの関心も噂されるが、この決定力が欧州トップリーグでも通用するのか試してほしい選手だ(市場価値は『Transfermarkt』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ