4冠狙うリヴァプールがCL準決勝でビジャレアルに先勝! 終始試合を支配して決定機逃さず

先制点のオウンゴールを誘発したヘンダーソン photo/Getty Images

OGとマネのゴールで2-0

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでリヴァプールとビジャレアルが対戦。アンフィールドで行われた一戦は、リヴァプールが2-0で先勝した。

リヴァプールは[4-1-2-3]の布陣で、センターバックにはイブラヒマ・コナテが入り、フィルジル・ファン・ダイクとコンビを組む。インサイドハーフにはジョーダン・ヘンダーソンとチアゴ・アルカンタラが入り、前線は右からルイス・ディアス、サディオ・マネ、モハメド・サラーという組み合わせに。南野拓実はベンチ入りを果たす。対するビジャレアルは、[4-4-2]で準々決勝バイエルン戦の2ndレグから1枚変更。ジェラーノ・モレノの代わりにはサムエル・チュクウェゼが入り、アルノー・ダンジュマと2トップを組んだ。

前半からリヴァプールがボールを支配し先制点を狙うも、ビジャレアルが耐えながらカウンターから一発を狙う展開となる。互いに前半は得点を決めることはできずにスコアレスで折り返す。後半49分にはセットプレイから、最後はファビーニョがゴールネットを揺らすものの、直前のファン・ダイクがオフサイドの判定。ノーゴールとなるも、徐々にリヴァプールがゴールに近づいていく。

試合が動いたのは53分、右サイドへ流れたジョーダン・ヘンダーソンがクロスを上げると、ボールはペルビス・エストゥピニャンに当たり、GKヘロニモ・ルジがかき出せずにゴールへ吸い込まれ、オウンゴールでリヴァプールが先制。さらに55分、敵陣深くで受けたサラーが相手に囲まれながら、マネにパス。裏に抜けたマネが得点を決めて一気に2点差へと突き放す。

64分にはトレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスからロバートソンがゴールを決めるものの、これもロバートソンのオフサイドで得点は認められない。ビジャレアルは後半途中からメンバーを入れ替えて[4-5-1]にシステムを変更し、前線からのプレッシングを強化するも最後までゴールを決められず。試合はそのまま終了してリヴァプールが先勝した。


リヴァプール 2-0 ビジャレアル

[得点者]
53分 オウンゴール(リヴァプール)
55分 サディオ・マネ(リヴァプール)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ