あともう少しでピッチに帰ってくる? バイエルンに欠かせぬスピードスターに近づく復帰のとき

今季後半戦は長期離脱を強いられていたデイビス photo/Getty Images

一部トレーニングに復帰

ここまでリーグ戦27試合を終えて、ブンデスリーガ首位に立つバイエルン・ミュンヘン。しかし、現時点で2位ドルトムントとの勝ち点差は「6」となっており、予断は許さない状況となっている。シーズン前半戦までは快調に優勝への歩みを進めていたが、現状ユリアン・ナーゲルスマン監督のチームに余裕はない。

だが、そんなバイエルンには最終盤で頼もしい存在が戻ってくることとなるのだろうか。今季は年明け以降に長く離脱を強いられる期間を過ごしていたものの、カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスにはようやく復帰の目処が立ってきたようだ。

独『Sport Bild』によると、今季は節から新型コロナや心筋炎による離脱が続いていたデイビズだが、14日からリハビリを再開し、22日から再び全体トレーニングの一部に復帰したという。まだ試合へ出場するには多少の時間を要する見込みのようだが、今後3〜4週間程度での復帰を目指すことになっているという。

デイビスが不在の間は、左サイドバックにMFマルセル・ザビツァーやDFリュカ・エルナンデスを起用しながら試合をこなしていたバイエルン。彼らもよくやっているのは間違いないものの、爆発力のあるデイビスが帰ってくるとなれば左サイドの攻撃はより活性化することだろう。また攻撃面だけでなく、被カウンター時の対応に関しても彼のスピードは大いに役立つはずだ。

バイエルンにとって待ち遠しいデイビスの復帰。多くのファンがこのスピードスターの一刻でも早い帰還を願っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ