岩政監督代行のラストゲームを締めくくる ストライカーのセンスが光った鹿島FW鈴木優磨の追加点[映像アリ]

追加点を決めた鈴木 photo/Getty Images

J1第4節で神戸に2-0で勝利する

まさにここぞの場面でストライカーとしての能力の高さを見せつける追加点だった。今季から鹿島アントラーズへ戻ってきた鈴木優磨が、チームを勝利に導くゴールで指揮官代行のラストゲームを締めくくった。

ヴィッセル神戸に1点をリードした54分、右サイドからのクロスに上田綺世が競り合い、こぼれ球を鈴木が拾うと、豪快なシュートをゴールネットに突き刺して今季J1での2得点目を記録した。勝利のために追加点が欲しかった鹿島にとって大きなゴールとなる。

得点シーンで鈴木は誰よりも早くこぼれ球に反応し、フリーでボールを受けてシュートを放った。右サイドで土居聖真がボールを受けると、鈴木は引いて土居に近づきボールを受けようとした。そこから上田が競ったボールへと一目散に向かい、拾ってゴールへとつなげているのだ。

神戸の守備陣は鈴木が一度引いたことにより目を離してしまう。その瞬間を見逃さず、ストライカーとしての嗅覚がゴールネットを揺らす一番の要因となった。

岩政大樹コーチが監督代行として指揮を執る最後の試合となった神戸戦。勝ち点3でレネ・ヴァイラー監督へと引き継ぎたい状況下で、勝利につながる大きなゴールを鈴木が奪ってみせた。昨季はベルギーで高い得点能力を発揮した鈴木が、日本でもゴールセンスを爆発させる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ