またアヤックスから“若き怪物”がビッグクラブへ? バイエルンも獲得に乗り出すNEXTポグバとは

アヤックスで安定したパフォーマンスを披露しているグラフェンベルフ photo/Getty Images

190cmのサイズを誇るテクニシャン

近年、アヤックスが生んだ若きタレントといえば、やはりMFフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)やDFマタイス・デ・リフト(現ユヴェントス)が思い浮かぶ。この2人は今やオランダ代表でも主力となっており、アヤックス産タレントの中でも注目の集まっている逸材と言えるだろう。

そんなデ・ヨングとデ・リフトに続き、アヤックスからはまたも数年後にビッグクラブでも主力となる逸材が出てくるのか。今夏の移籍市場で複数クラブによる争奪戦勃発の予感がして来たのは、現在19歳の怪物MFだ。

その19歳とは、すでにオランダ代表デビューも果たしているMFライアン・グラフェンベルフ。かねてよりマンチェスター・シティなどが獲得に興味を示していたとされる同選手だが、ここにきて彼の獲得レースにはバイエルン・ミュンヘンも参戦する見通しだと独『Spox』が伝えている。現時点で予想される移籍金は3000万ユーロ程度とのことだが、今後の争奪戦によってはさらに金額が膨れ上がる可能性もあるようだ。

身長190cmの大柄な体躯が目を引くものの、各方面から最も評価されているのはその柔らかなボールタッチであるグラフェンベルフ。華麗なダブルタッチで相手をいなすプレス回避能力はピカイチで、創造性豊かなワンタッチでのパスからもパサーとしての才能の片鱗を感じることができる。高身長ながら優れたボールテクニックを有しているという点で、プレイスタイルはマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバに近いものがあると言っていいだろう。

今季はアヤックスで公式戦30試合に出場し、データサイト『WhoScored.com』による1試合平均評価点でも「7.34」というハイレベルな数字を残しているグラフェンベルフ。19歳ながら、安定して好パフォーマンスを披露していることも彼が高い人気を誇る理由の一つなのだろう。はたして、オランダで輝く“NEXTポグバ”は来季どこでプレイすることとなるのだろうか。今後の動向には注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ