ポストプレイにフィニッシュ、チャンスメイクまで 開幕戦で際立った鹿島・鈴木優磨の万能性

素晴らしいパフォーマンスで鹿島の勝利に貢献した鈴木優磨 photo/Getty Images

守備もお手の物だ

ドイツのニュルンベルクやベルギーのアンデルレヒトを率いた経歴を持つレネ・ヴァイラーを新監督に迎え、シーズンをスタートさせた鹿島アントラーズ。しかし、新型コロナウイルスの影響から未だチームに合流できておらず、現在は岩政大樹コーチが監督代行としてチームを率いている。

そんな状態で行われたアウェイでのガンバ大阪戦だったが、最高のスタートを切れたといっていいだろう。失点を喫することになったが、エースの上田綺世に2ゴールが生まれ、3-1で勝利を収めている。

この試合は何といってもベルギーから復帰したFW鈴木優磨のパフォーマンスに驚かされた。上田と2トップを組んだ鈴木は前線でフリーマンとなり、的確なポジショニングで攻撃を活性化させている。サイドに流れてクロスを入れたかと思えば、中央で受けてトップ下のように振舞い、チャンスメイクを行うなど自身の万能性を見せた。彼が3人目の役割をこなすことで攻撃に厚みが生まれており、ガンバの守備陣は対処しきれていなかった。7回のキーパスは5回の荒木遼太郎を上回る数字であり、彼の能力の高さが数字に表れている。

チャンスを生み出す側に回ることもできるが、鈴木はもちろんフィニッシャーでもある。30分の勝ち越し弾は正確なチェイシングから相手のビルドアップを狂わせ、自身の足元に流れてきたボールを正確にゴールに流し込んでいる。他の場面でも良いポジジョンで何度もボールを要求しており、得点量産に期待が掛かる。

前半に相手と交錯した際のトラブルで主審はパトリックにレッドカードを提示している。そこでの判断は疑問の残るシーンとなったがそこから流れは完全に鹿島ペースであり、主導権を握りやすくなったことは間違いない。21-22シーズンはシント・トロイデンで2ゴールと苦しい前半戦だったが、ガンバ戦のパフォーマンスが今後継続できれば上田に並ぶ万能FWになることは十分に可能だといえる(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ