A・アーノルドとどちらが上なのか ペップ・シティが誇る最終ラインの頭脳

カンセロがいるサイドから攻撃が始まっている photo/Getty Images

ミドルパスが正確だ

両チームにイエローカード7枚、退場者一人と大荒れの試合となったマンチェスター・シティ対ウルブズの一戦は1-0でシティが勝利を収めている。主審ジョナサン・モスの手腕に疑問の残る一戦となったが、この試合でもジョアン・カンセロが攻撃をコントロールし、チームを白星に導いている。

ベンフィカ、バレンシア、インテル、ユヴェントスと複数のクラブでプレイし、2019年からシティに在籍しているカンセロ。元ウイングのプレイヤーであり、当時の経験値を生かしたスタイルを持つ同選手は、ダニーロとのトレードでイングランドにやってきた。不動であったカイル・ウォーカーの牙城を崩せる選手として期待されたが、活躍は難しく、昨季「カンセロ・ロール」で一世を風靡するも、長くは続かず評価の難しい選手であった。

だが、今季は最終ラインからのゲームメイクに安定感が加わり、守備でも奮闘を見せている。彼がいることでケビン・デ・ブライネやフィル・フォーデンのような特定のチャンスメイカーにボールが回ることがなくても、好機が生まれており、今のカンセロはシティにとってなくてはならない存在になっている。

ウルブズ戦でも珍しく右サイドに入ったことでシティの攻撃はカンセロのいる右になっており、影響力の大きさを見せつけている。さらに裏抜けを得意とするラヒーム・スターリングとパスを出せるカンセロの相性の良さもこの試合で発見されており、今後このコンビは重宝されるかも知れない。

在籍3季目にして不動の地位を築き上げたカンセロ。米『ESPN』では各ポジションの選手を独自の評価基準でランキング付けしており、右サイドバックではカンセロがリヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドに次ぐ3位となっている。以前までの評価であればこれで正しいといえるが、今の勢いであれば彼を超えることも不可能ではない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ