約100億円の利益が出る? マンCのお金を生み出す補強戦略

この利益を補強費に回せれば問題ないか photo/Getty Images

戦力にするか、お金にするか

今夏に大型補強を画策しているマンチェスター・シティ。ハリー・ケイン、ジャック・グリーリッシュの2名を獲得するのであれば、約200億円以上の莫大な移籍金が発生すると言われている。ケインの所属クラブであるトッテナムとは互いの移籍金の相違で交渉が難航しており、昨今の情勢の影響から支払いが厳しいと見られている。

しかし、マンCは今夏の移籍市場で選手売却が進んでおり、ある程度は賄えるかもしれない。

マンチェスター・ユナイテッドに移籍したFWジェイドン・サンチョがそうだ。彼はマンCのアカデミーからボルシア・ドルトムントへ移籍し、今夏でのイングランド復帰を果たしている。英『talk SPORT』によればマンCは将来的なリース時の移籍金から約15%を得る条項を契約に入れており、約15億円の利益がでるようだ。

リーズへ完全移籍を果たしたMFジャック・ハリソンもいる。2018年からプレミア王者に在籍していたハリソンだが、トップチームでのデビューはなく、リーズでスタメンを掴み、昨季昇格に成功している。そんなリーズは今夏買い取りオプションを行使しており、移籍金は約16億円と見られている。

これに関してはまだ成立していないが、昨季までグラナダに所属していたベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラも売りに出されるようだ。英『The Sun』によればエレーラにはウェストハム、リーズといったプレミアリーグのクラブから獲得の問い合わせがあるらしく、マンCは約25億円での売却を考えているようだ。

この他にもヴォルフスブルクへFWルーカス・ヌメチャを10億円で、ライプツィヒへDFアンヘリーニョを約25億円で売却している。また、セルヒオ・アグエロ、エリック・ガルシアもフリーで退団しているが、年俸の削減にも成功しており、約100億円近い売り上げが出ることになる。

もちろん、全てのお金を補強費に回すとは考えられないが、今夏に前述した大型補強が成功すれば、マンCの若い才能を青田買いし、育成し高値で売却する補強戦略の良い成功例となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ