新加入MFが“上手すぎる”という問題点 リヴァプールの歯車が噛み合わない

昨夏バイエルンから鳴り物入りで加入したチアゴ photo/Getty Images

深刻な不調に喘ぐ攻撃陣

昨季まで、あれほど強力と評判だったリヴァプールの3トップは一体どうしてしまったのか。2020-21シーズン、守備陣の駒不足が話題となることが多い同クラブだが、その一方では攻撃陣の不調も悩みの種となっている。第14節のクリスタル・パレス戦で7-0の大勝を収めたはいいが、その後のリーグ戦4試合で挙げた得点はわずか「1」。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノからなるフロント3は、ここ最近結果を残すことができていない。

はたして、その原因は何か。ひとつ考えることができるのは、やはり最終ラインの人材不足が攻撃にも影響しているという可能性だ。ユルゲン・クロップ監督が志向するハイライン戦術において、最終ライン裏のスペースをカバーできるスピードを備えたフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスの存在はあまりに大きかった。

代役を務める選手たちも奮闘しているのだが、この2人が任されていた仕事を完璧に再現するのはどうしても無理がある。ギリギリのところで持ち堪えたが、実際に先日行われた首位攻防戦でもリヴァプールはマンチェスター・ユナイテッドから執拗に最終ライン裏を狙われた。戦術こそ変わっていなくとも、現在の彼らは相手の裏抜けを気にするあまりに全体の意識が後ろへと下がっている。これがスムーズな攻撃への移行を阻害している可能性は高い。

しかし、それ以外にもリヴァプールの攻撃が停滞している理由はあるのかもしれない。それは新加入MFチアゴ・アルカンタラの存在だ。今夏、中盤に創造性をプラスするためにリヴァプールがバイエルン・ミュンヘンから獲得した同選手。その技術は前評判通りで、これまでボールハンター型が多かったMF陣に彼は新たな風を吹き込んでいる。マンU戦においてはパスワークの中心として機能し、データサイト『WhoScored.com』が選ぶマン・オブ・ザ・マッチにも選出。その働きは称賛されて然るべきものだったと言えるだろう。

テクニックに自信があるがゆえに、チアゴは相手のプレスを鮮やかに躱してからパスを出すことも多い photo/Getty Images

チアゴが引き起こしている“問題”とは

では、なぜそんなチアゴが攻撃陣停滞の原因になっているのか。理由は一つ。彼のリズムがリヴァプールに合っていないということだ。バイエルン時代同様、優れたテクニックを武器にリヴァプールの中盤で独自の創造性を発揮する同選手。しかし、これまで中盤の潰し屋たちがボールを奪ってすぐ前線の選手に預けていた一方で、チアゴのパスはトリッキーなものも少なくない。他の一般的な選手では考えられないような体勢、タイミングからパスが飛んでくるのだ。マンU戦の前半25分に見せたMFジェルダン・シャキリへのパスも少し意外性のあるものだったが、結果としては味方であるシャキリも少し反応が遅れることとなってしまった。チアゴのこうした部分が、リヴァプールの前線における直線的なリズムを少し狂わせている面は否定できない。“上手すぎる”がゆえの弊害と言えるだろう。

加えて、チアゴがゲームメイクの大部分を担っていることで、CFロベルト・フィルミーノのプレイエリアも限定されてきている。これまでは彼が中盤に降りて、中央にサラーとマネが走り込むというお決まりのパターンがあったリヴァプール。だが、現在の彼らはフィルミーノが最前線に留まる機会が増えたことで、従来のメカニズムに変化が生じている。これまではチームの潤滑油として多大な貢献を果たしていたことにより、決定力の部分に焦点が当たらなかったフィルミーノだが、チアゴがいる現状では少し浮いた存在となってしまった。フィルミーノが中盤に降りなければ、サラーとマネも中央には入りづらい。この状況ならば、彼よりも得点力のあるCFを据えた方がゴール数は増えるだろう。

「ユナイテッド戦で最高のパフォーマンスを見せたチアゴだけど、私は彼が必ずしもフロント3の役に立ったとは思わない。ヘンダーソンやファビーニョが中盤にいるとき、この2人はボールを奪うとすぐ前線にパスを供給する。シンプルだが、これこそリヴァプールの速攻を生む要因となっていたんだ。でも、その点でチアゴは少し遅い。現時点で、彼のいるシステムは機能していないと言えるかもしれないね」

この“チアゴ問題”には、クラブOBのジョン・バーンズ氏も英『talkSPORT』へこのように自身の見解を示している。時間を経るにつれてチアゴがフィットすれば昨季以上の破壊力を手に入れることができるかもしれないが、現時点でリヴァプールの攻撃が停滞している理由はこのテクニシャンにあるのかもしれない。決して誰も悪くはないのだが、個々の歯車が噛み合わないという苦しみに苛まれているリヴァプール。はたして、この現状にクロップ監督は今後どのような対策を打ってくるのか。シーズン後半戦は、名将の手腕が試されることとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ