仏の“ファンタジスタ”が魅せたプレミアでの輝き 忘れられない2015-16シーズン[映像アリ]

ウェストハムで活躍したパイェ photo/Getty Images

所属期間は短かったが……

サッカー界で注目を集めるのは常にビッグクラブで活躍する選手たちだが、時に中堅クラブを天才的なテクニックで引っ張る者が現れる。

2015-16シーズンのプレミアリーグで特別な輝きを放った選手といえば、現在フランスのマルセイユでプレイするMFディミトリ・パイェだ。

パイェはタイトルとはあまり縁のない選手だが、そのテクニックはワールドクラスだ。プレミアのビッグクラブでプレイすることはなかったが、2015-16シーズンにはウェストハムの一員として9得点12アシストの成績を記録。当時の輝きを記憶しているサッカーファンは多いはずだ。

今回英『Sportbible』がパイェの活躍を振り返っているが、やはりパイェのテクニックは特別だ。フリーキックも高い精度を誇り、パイェがボールを持つと何かが起こる予感がしたものだ。

当時はフランス代表の一員としてEURO2016でも特別な輝きを放つことになり、パイェにとってはキャリアで1番良い時期だったと言えるかもしれない。プレミアでプレイしたのは2シーズンのみだが、今でもパイェはファンタジスタ系のチャンスメイカーとしてサッカーファンから愛されている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ