エンケティア、バログンに続く“第3”の若手FW アーセナルが期待したい大型FW

ドンカスターで奮闘するジョン・ジュールス photo/Getty Images

レンタル先で奮闘

現在のアーセナルには優秀な若手アタッカーが多く揃っており、センターフォワードの位置ではU-21イングランド代表でもエースを任されるエディ・エンケティア、さらに11月26日のヨーロッパリーグ・モルデ戦で初得点を挙げた19歳のフォラリン・バログンの2人がトップチームで活躍している。

さらに楽しみなのは、今季イングランド3部のドンカスターにレンタル移籍している19歳のタイリース・ジョン・ジュールスの存在だ。まだトップチームでプレイするレベルにはないが、ドンカスターでは今季リーグ戦5試合で2得点と結果を出している。

エンケティア、バログンとは違ってタイリース・ジョン・ジュールスは183cmのサイズを活かしたダイナミックなプレイも1つの持ち味だ。タイリース・ジョン・ジュールスが将来的に戦力となるならば心強い。

今季は怪我もあったが、2日のハル・シティ戦ではさっそく得点を記録。3部で二桁得点でも記録できれば、トップチームで活躍する道も見えてくるはず。

ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリ、リース・ネルソン、攻撃的MFのエミール・スミス・ロウ、ボックス・トゥ・ボックス型のMFとして攻撃面でも違いを生み出せるジョー・ウィロックなど、今アーセナルが抱えている若手はハイクオリティな選手ばかりだ。

そこにタイリース・ジョン・ジュールスも加わることが出来るのか。今季アーセナルはリーグ戦で結果が出ていないが、若手の成長は非常にポジティブな話題だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ