史上最高額GKが“ワースト補強イレブン”に? 7200万ポンドGKの大苦戦

チェルシーのケパ photo/Getty Images

このままでは悪い方でクラブの歴史に名を遺す

近年の移籍市場を代表する失敗例になるかもしれない。

チェルシーがGK史上最高額となる7200万ポンドで獲得したGKケパ・アリサバラガが想像を超える大苦戦を強いられているのだ。

アスレティック・ビルバオで活躍していたケパにとってチェルシー行きはステップアップだったわけだが、移籍金7200万ポンドに見合う活躍は披露できていない。

それどころか悪い方向ばかりで目立っており、先日のリヴァプール戦でもゴール前でのパスミスからFWサディオ・マネにゴールを許している。移籍金額に見合わぬ凡ミスだったのは間違いない。

チェルシーも新GK探しに動いており、現在はレンヌからエドゥアルド・メンディ獲得へ近づいていると言われている。

仮にこのままいくと、ケパはチェルシーのクラブ史に残る大失敗プレイヤーとなってしまう恐れがある。

ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーに就任して以降、チェルシーは豪華な補強を繰り返してきた。やや当たりハズレが激しいところがあり、現段階でケパは明らかなハズレだ。

英『GIVE ME SPORT』も現段階での「チェルシーワースト補強イレブン」のGK部門にケパを選んでいる。

先日のリヴァプール戦でのミスがとどめの一撃になったところがあり、昨季からの低評価がそのまま形となって表れてしまった。

21世紀に入ってからのチェルシーサポーターはペトル・チェフという偉大なる守護神を見てきただけに、ケパには満足できないだろう。

まだ25歳とGKにしては若い方だが、今後の活躍でチェルシーワースト補強イレブン入りを免れることはできるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ