9億8900万ユーロの大補強で求めるCL制覇 それでも優勝できぬバルサの悩み

グリーズマンもまだ本領発揮とはならず photo/Getty Images

揺れる名門

思えばバルセロナが最後にチャンピオンズリーグを制したのは、恐怖のMSNユニットで世界を支配していた2014-15シーズンのことだ。

それからはライバルのレアル・マドリードが3連覇を果たすなど、チャンピオンズリーグの舞台ではバルセロナにとって苦い時間が続いている。今季も準々決勝でバイエルンに大敗しており、チャンピオンズリーグ・ショックが続いている状況だ。

2014-15シーズンからの動きを見ていると、とにかく補強が戦力強化に結びついていない。毎年のように市場で主役級の動きを見せるのだが、それに成績がついてこないのだ。

2015-16シーズンから見ていくとMFアルダ・トゥラン、MFアンドレ・ゴメス、MFデニス・スアレス、FWパコ・アルカセル、MFフィリペ・コウチーニョ、FWウスマン・デンベレ、MFパウリーニョ、DFジェリー・ミナ、FWマウコム、FWアントワーヌ・グリーズマンなど、思ったほどフィットしなかった補強がいくつもある。

どの選手もコストがかかっていることもあって開幕前の期待は大きいのだが、チャンピオンズリーグで失望を味わうのが近年の流れになってしまっている。

スペイン『MARCA』も「2015-16シーズンからチャンピオンズリーグを求めて9億8900万ユーロを投じた」と伝えており、これだけ資金を投じながら頂点に立てないのは問題か。

しかもバイエルン戦の敗北でチームの空気はさらに悪くなったようにも感じられ、来季へ向けて再び大改革へ動くなんて話題も出てきている。

近年のバルセロナは補強失敗を繰り返していると言っていい。来季もチャンピオンズリーグ優勝候補に挙げるのは難しいはずで、チームをどう立て直していけばいいのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ