ジダンは20歳の才能を信じていないのか マンC戦で若きFWに出番は無し

レアルのヴィニシウス photo/Getty Images

得点欲しい場面で出番なく

7日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでマンチェスター・シティと対戦したレアル・マドリードは、複数得点を挙げての勝利が絶対条件だった。

ホームでの1stレグを1-2で落としていたため、強引にでも点を奪いに行く必要があったのだ。

しかもゲームは前半9分に先制を許す苦しい展開に。レアルの選手たちの間にも攻めなければとの考えがあったはず。

指揮官ジネディーヌ・ジダンもマルコ・アセンシオ、ルカ・ヨビッチを投入するなど攻撃的な姿勢を見せたが、その中で起用されない男がいた。

ベンチからこの試合を眺めていた20歳のFWヴィニシウス・ジュニオールである。

ヴィニシウスはレアル期待の若手アタッカーだが、得点が欲しいこのゲームで投入されることはなかった。

このゲームに限らず、ヴィニシウスはリーグが再開してからも4試合しか先発の機会が与えられていない。

スペイン『MARCA』もジダンがヴィニシウスに納得していないはずと見ており、立場は怪しいものとなってきている。

エデン・アザールが戻ってきたことも関係しているだろうが、ヴィニシウスは出番のなかったマンC戦に何を思ったのか。

久保建英、ロドリゴ・ゴエス、マルティン・ウーデゴーらを含め、ヴィニシウスもレアル期待の若手軍団の1人だ。貴重な戦力なのは間違いないが、得点が欲しい今回のゲームで出番がなかったことに本人も屈辱を感じているのではないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ