26試合で28ゴールが“10試合”で28ゴールに 説明不能なミラン大爆発

攻撃が爆発するミラン photo/Getty Images

突然ゴールを量産

いったい何が起きたというのか。リーグ再開後からイタリアの名門・ミランが止まらない。

再開してから無敗を継続中なのもお見事だが、何より目を引くのは得点力だ。前半戦で苦しんでいた攻撃陣が突如として爆発し、相手を圧倒する展開が増えてきた。

再開後のゲームを振り返ると、ラツィオに3-0、ユヴェントスに4-2、ボローニャに5-1など、大量得点による勝利も目立っている。前半戦を見る限りではミランが相手を攻撃でねじ伏せるチームになると予想するのは難しかったが、驚きの変化だ。

リーグ再開後の10試合で奪った得点数は28点。チームの総得点が56点となっているため、つまりは中断前の26試合で奪った得点数と同じなのだ。

26試合で28得点だったチームが、10試合で28得点稼ぎ出すチームへ。順位も6位まで上がっており、セリエAで再開後に最も変化したチームと言っていいだろう。

再開後に4得点3アシストと暴れているFWズラタン・イブラヒモビッチ、ようやく噛み合ってきたMFハカン・チャルハノール、イスマエル・ベナセルとともに高い評価を得ているMFフランク・ケシエなど、選手たちの評価も上がり続けている。

仮にこのペースを来季も維持できるのであれば、トップ4入りも見えてくるはず。今のパフォーマンスが偶然ではないことを来季も証明してほしいところだが、ミランの勢いはどこまで続くのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ