3点奪っても5失点では…… 脆いチェルシーの守備「失点がいかに多いか」

チェルシーのケパ photo/Getty Images

キャラガーが指摘

すでに獲得を決めているFWティモ・ヴェルナー、MFハキム・ツィエクに加え、FWクリスティアン・プリシッチも覚醒し始めているチェルシーの攻撃力は脅威だ。

その攻撃力は22日のリヴァプール戦で3点を奪ったところにも表れている。

しかし、より上位を目指すならば5失点した守備をどうにか改善しなければならない。今の守備力でリヴァプール、マンチェスター・シティに優勝争いを挑むのは厳しいだろう。

英『sky SPORTS』によると、元リヴァプールDFで解説のジェイミー・キャラガー氏も守備を整備する必要があると主張する。

「チェルシーはGKを変えるまで先へは進めない。多くのアタッカーを獲得しているのは理解しているが、彼らの失点がいかに多いことか。私はその多くの部分がGKにあると思う。リヴァプール、シティと競争したいなら、今夏にここを修正しなければならないだろう」

今季のチェルシーはGK問題に揺れた。ケパ・アリサバラガが守護神だったが、そのケパが思ったほどヒットしなかったのだ。

リヴァプールにはアリソン・ベッカー、マンCにはエデルソン・モラレスと、ブラジルの一流GKが構えている。

チェルシーも攻撃陣は豪華になっているが、上を目指すには守備の部分にも手を加えるべきか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ