エメリ、ヴェンゲルより悪いスタートだった アルテタ最初の19試合の成績は

指示を出す指揮官のアルテタ photo/Getty Images

過去の指揮官より鈍いスタートに

若手の躍動などポジティブな部分もあるのだが、アーセナル指揮官ミケル・アルテタの働きぶりをどう評価すればいいだろうか。

アーセナルは先日も格下のアストン・ヴィラに敗れており、相変わらずパフォーマンスには波がある。

注目したいのは、アーセナル指揮官就任後最初の19試合だ。アルテタはアストン・ヴィラ戦がリーグ戦19試合目だったのだが、成績は8勝6分5敗。稼いだ勝ち点はちょうど30点だ。

英『The Sun』によると、この数字はアーセナルの過去4人の指揮官より悪いという。

例えば前任のウナイ・エメリは最初の19試合で11勝5分3敗で勝ち点は38。アルテタより8ポイント多く稼いでいる。

1996-97シーズンより指揮したアーセン・ヴェンゲルは、最初の19試合で勝ち点33、その前のブルース・リオクもヴェンゲルと全く同じ成績で勝ち点33、その前のジョージ・グラハムはエメリと同じ勝ち点38を稼いでいる。

もっともエメリの場合はスタートダッシュこそ良かったものの、そこから失速した。アルテタがここから巻き返せるならば問題ない。

しかし、今のペースではサポーターも納得しないはず。ファイナルまで進んだFA杯を制覇すれば印象は多少変わるだろうが、ファイナルでチェルシーを撃破できるのか。アルテタにとってはサポーターの信頼を勝ち取る重要なゲームになりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ