ベッカム、ジェラードら“黄金世代”の後悔 イングランドにいなかった名将

とにかく豪華だったイングランド黄金世代 photo/Getty Images

名将がいれば結果は変わったか

今の若きイングランド代表も黄金世代と注目されているが、今から15年ほど前のイングランド代表も異様なほどタレントは豪華だった。

ウェイン・ルーニー、マイケル・オーウェン、リオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、フランク・ランパード、アシュリー・コール、スティーブン・ジェラード、デイビッド・ベッカムなど、超がつく一流プレイヤーが最終ラインから最前線まで揃っていたのだ。

ところが、結果はついてこなかった。ワールドカップもEUROもどこか消化不良のまま終わり、無冠の黄金世代となってしまった。

当時を知るジェラードは、指揮官がより大物ならば結果も変わったかもしれないと悔やむ。

「振り返ると、我々には選手たちよりも大きな存在となる指揮官が必要だった。当時も、例えばラファエル・ベニテスとか担当可能な指揮官はいたんだ。当時の彼は代表チームの指揮官に興味はなかったようだけどね」

英『BBC』によると、ジェラードはこのように口にしている。スヴェン・ゴラン・エリクソン、スティーブ・マクラーレンらが2000年代のイングランド代表を指揮してきたが、黄金世代を束ねるには少々物足りない人事だったかもしれない。

2010南アフリカワールドカップでは名将ファビオ・カペッロが指揮したが、その頃には黄金世代もピークを過ぎた印象があった。やはり日韓ワールドカップからEURO2008くらいまでが黄金世代の選手たちにとってのピークだったのではないだろうか。

マクラーレンが指揮した2008年には、EURO2008にて予選敗退の屈辱まで味わっている。大物指揮官さえ招聘できていれば、当時の黄金世代はタイトルに届いたのか。ジェラードには少し後悔も残っているようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ