アーセナルが今季No.1“ダーティー集団”に!? 多すぎるカードトラブル

レスター戦ではエンケティアが退場 photo/Getty Images

レッドは5枚も

アーセナルにとってはアンラッキーなところもあったが、先日のレスター・シティ戦にてアーセナルはFWエディー・エンケティアが一発退場の処分を受けてしまった。

しかも出場から約5分後の出来事で、エンケティアにとっては苦すぎる一戦となったことだろう。

エンケティアも悪意はなかったはずだが、これで今季アーセナルがリーグ戦で受けたレッドカードの数は5枚となった。これはリーグワーストの数字である。

英『TalkSport』が9日時点での「フェアプレイ順位」を紹介しているが、意外なことにアーセナルは今季プレミアリーグの中で最もカードトラブルが多いチームとなっている。

もらったイエローカード数は最多の73枚で、レッドカードも最多の5枚。カードだけで判断するならば、アーセナルは今季最もダーティーなチームということになってしまう。

ブライトン戦では若いMFマッテオ・グエンドウジが相手プレイヤーと揉めたシーンもあったが、今季のアーセナルはやや荒れ気味なのか。

他にビッグクラブではジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムもイエローカード枚数がアーセナルに次いで多い70枚、マンチェスター・シティも58枚と意外に多い。

少ないのは優勝を決めたリヴァプールで、イエローカードは35枚。レッドカードは1枚だ。アーセナルやトッテナムの半分程度の警告に済んでおり、クリーンな守備が出来ていたことを証明している。

イエローカードはもちろんだが、数的不利になってしまうレッドカードはチームを大きく苦しめることになる。アーセナルとしては来季守備の改善と同時に、カードトラブルも減らしていく必要がありそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ