名手セスクを最も困らせた“リヴァプールの伝説” 「右足でも左足でも……」

かつてプレミアで何度もマッチアップしたセスク(左)とジェラード(右) photo/Getty Images

“最もタフだった相手”に指名

現在ASモナコでプレイする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスといえば、長くプレミアリーグでプレイした選手だ。そのキャリアでは途中に3年間バルセロナを挟むものの、アーセナルの選手として8年、そしてチェルシーの選手として4年半イングランドで活躍した同選手。その美しいプレイは間違いなくプレミアファンの記憶に今も刻まれている。

そんなセスクがプレミアでプレイした計12年半という時間の中で、最も厄介に感じた相手選手を一人選んでいる。英『BBC』のインタビューに登場した天才MFが名前を挙げたのは、リヴァプールの中盤に君臨していたレジェンドだ。

「ジェラードはそのフィジカルからしても、僕にとって最も扱いづらい相手だったよ。彼はボックス・トゥ・ボックスの選手で、右足でも左足でもペナルティエリア外からシュートを放つことができたんだ。まるで機械のようだったね」

これまで対戦した中でセスクが最もタフな相手だったと語るのは、リヴァプールの元主将スティーブン・ジェラードだ。驚異的な攻撃力を誇り、どこからでも強烈なシュートを打ってくる大砲に、セスクはかなり苦しめられていたという。

アーセナル時代にもチェルシー時代にも、ジェラードとは何度もピッチ上で相見えたセスク。リヴァプールと対戦するたび、彼は相手チームの主将とマッチアップすることを憂鬱に感じていたか。ファンとしては名手同士の対決に心踊らせる瞬間だったが、当人にとっては苦しい時間だったようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ